カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
 

試金石と試金棒セット

試金石による検査は破壊検査になりますが、金製品とタングステンや、メッキの偽物を見分けるのには欠かせない鑑別器材です。
試金棒セットは、試金石に5種類の試金棒が付いており、試金棒との比較で、より一層厳密な鑑別が可能です。

試金石と試金棒セット

希望小売価格:
15,750円(税込)
価格:

14,000円 (税込)   <11%OFF>

[ポイント還元 140ポイント〜]
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ

セット内容: 試金石(45×40×8mm)試金棒5種(K8、K10、K12、K14、K18

使用方法としては、試験標本と、手札金・手本金という金純度が異なる指標となる金の棒を数本石の上にこすり線を描く。その線の色を比較する事で純度を測るが、さらに詳細に測るために微量の濃硝酸で条痕を洗い、残り具合を見て判断することもある。

金自体は、王水と呼ばれる硝酸と塩酸の混合物でのみ常温で溶解するが、他の不純物の場合濃硝酸で溶けることから、その残滓から指標と見比べることで容易となる。

このため、微少な標本を用いるが簡易且つ簡便に行えるため、21世紀の現在でも純度測定の簡易試験として用いられることがある。